おにぎり進化論 05.png

​秋の北陸 金沢・富山おにぎり旅!

美味しいものが巷にあふれる秋。今回は、われわれが訪れたのは、その中でも目にするものすべてが美味しいイメージいっぱいの北陸。金沢、富山めぐる、おにぎり探訪の旅をしてきました。

IMG_5082.JPG

「近江」の地名がついた近江町市場

金沢でまずはじめにやってきたのは近江町市場。なじみ深い「近江」の地名。それもそのはず、かつて近江商人がつくった町というのが地名の由来だそうです。先輩方々こんなに美味しい街をありがとうございます!

【店舗情報】「近江町市場」

石川県金沢市上近江町50

営業時間 9:00~17:00

※店舗により異なる

近江町市場で、のどくろのお寿司や生ガキなどをつまみつつ、次の目的地に向かいました。

近江町市場_牡蠣.png
IMG_5153.png

訪れたのは、インパクトのある金沢駅

(鼓門・もてなしドームというそうです)

テイクアウトのお店「むすび」

駅の構内にあるおにぎりテイクアウトのお店「むすび」さん。

能登牡蠣むすび・能登塩炙りのどくろむすび・能登ブリ角煮むすびなど、地元ならではの具材も楽しめます。

【店舗情報】むすび金沢駅店

石川県金沢市木ノ新保町1-1 

ハートイン金沢内

IMG_5186_edited.jpg
IMG_5189-01.jpg

ズラリと並ぶ おにぎりは

どれも 美味しそう

IMG_5170-01.jpg

「お味噌汁食堂そらみそ」

次に訪れたのは「お味噌汁食堂そらみそ」

こちらは、おにぎりではなく、お味噌汁の専門店です。そのお味噌汁とは「港町のめった汁」「甘エビのつみれ汁」「坦々のお味噌汁」の3種なんと一杯600円。しかし、どれもお鍋といってもいい程具だくさんでしかもとても、美味しくて十分満足できます。

IMG_5159-01.jpg

セットのおにぎりは、ふぐのこのクリームチーズや、サバのこんか漬け(ぬか漬け)などのご当地メニューのおにぎりがオススメです。

IMG_5180-01.png

【店舗情報】お味噌汁食堂そらみそ

石川県金沢市金石西1-2-15

076-256-5207

お味噌汁に

かわいいおにぎりを

セット注文!

「みつや」

おにぎり食堂と同じく、おにぎりが2個か3個選べてお味噌汁がつくセットがありました。

IMG_5133-01.jpg
IMG_5121-01.jpg

いかの黒づくり、ふぐぬか(ふぐの卵巣の抜け漬け)、うにまぐろ など珍しい具材がありました。お米を土窯で炊いていました。

【店舗情報】みつや

石川県金沢市本多町3-10-15

押野谷ビル1F

おにぎり専門店「つぶ屋」

さらに富山に足をのばして向かったのは、二か月前に オープンしたばかりのおにぎり専門店「つぶ屋」さん。

多彩なメニューの中から、すき焼き・ブリたくあん・豚の生姜焼き・きんぴらごぼう を チョイス。

お米は減農薬の地元の契約農家さんから、なるべく使う寸前に精米して納品してもらっているそうです。店長の護摩堂さんが考案したという「ブリたくあん」が食感もよくて美味でした。オープンしたてとは思えない、素敵なおにぎり屋さんでした。

IMG_5621-01.jpg
IMG_5620-01.jpg
IMG_5615-01.jpg

【店舗情報】つぶ屋

富山県富山市安田町1-10

ロゴマークはおにぎりを握る「手」と 富山のシンボル「立山連峰」を表しているそうです。

店内には テーブル2席と

カウンターがあり

イートインもOK

おにぎり探しの旅、北陸編は以上です。食の北陸には海鮮や塩など、まだまだ探求すべきおにぎりの道がありそうです。必ず再探訪したいと心に誓いました。

1.png
2.png